キッチンカー(移動販売)でポップコーンを出す時に準備すること

子どもはみんな大好き。出店が家族連れが多く集まる場所なら、ポップコーンが定番

ポップ種(爆裂種)のトウモロコシを乾燥させた粒を油やバターでふっくら炒り上げたポップコーン。スーパーなどの量販店には必ずといっていいほどポップコーンの自販機があり、子どもたちが列を作っている様子が見られます。家族連れが多く集まるアミューズメントスペースやイベントでの集客力もビッグです。

キッチンカーでポップコーンをやる。

キッチンカー(移動販売)でポップコーンをやる時に必要な装備

ポップコーンはフライパンで手作りできます。しかし、常時営業するならやはり「ポップコーンマシーン」が必須。ポップコーン機は加熱鍋(ケトル)のサイズで分けられ、4〜6オンスが標準。価格は6オンスタイプで1〜5万円です。
動力はすべて電気。ただし、多くは屋内の電源専用のため、移動店舗ではエンジン発電機が使えるタイプを選ぶ必要があります。同じエンジン発電機でもインバーター方式でないと動作しない機種もありますので、要注意です。また、メーカーによっては、バターソルト専用・キャラメル兼用などの区分もあります。
→ポップコーンマシーン通販店「藤田道具」
→ポップコーンマシーンレンタル店「ポップコーンマシーン」

キッチンカーでおすすめのレシピ

一口にポップコーンといっても、いまは味さまざま。塩味、キャラメル味、チョコレート味、ストロベリー味、醤油バター味、カレー味、コンポタージュ味、ガーリック味、チリ味などたくさんの種類に分かれます。どの味のものも材料になる豆や調味料、オイルなどがセット販売されていて、カップ100個分のセットが2,000〜5,000円ほどです。

キッチンカーでおすすめのクルマ

ポップコーン専門なら、軽ワゴンや軽トラックを改造した、販売スペースが 全長1,900mm前後の小型キッチンカーで充分。スバル・サンバー、スズキ・キャリーなど車種は豊富です。

キッチンカー・ポップコーン店の先輩訪問:併売形式の移動店舗「POPコン」

「テーマパークと変わらない味のポップコーン」を目指して静岡県富士市を中心に活動する「POPコン」さん。特長は、袋の中に好みのフレーバーのパウダーを入れ、振って食べてもらうスタイルのポップコーン「夢フル」。ホットドッグなどとの併売形式も、売り上げアップに効果的だとか。→「POPコン」の公式WEB

 

.

キッチンカーでポップコーンをやる。

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

20名様限定開催!