焼き鳥を移動販売で開業して収入を作るための準備

キッチンカーで焼き鳥を始める

昔は屋台、いまキッチンカー。赤提灯が目印の焼き鳥店

焼き鳥は「屋台」の代表的な商品です。お祭り、スーパーの駐車場などで焼き鳥を買い食いしたことがある人も多いのではないでしょうか?最近ではこの屋台の雰囲気から居酒屋的な焼き鳥を展開する移動販売があったりと雰囲気も変わってきています。「やきとり」と大きく書かれた赤提灯が下がる移動焼き鳥店は、住宅地のオアシスでもあり、焼きたての味は、どこで出店しても集客力大です。香ばしい匂いが買い物客を引きつけます。

キッチンカーで必要な装備

焼き鳥は、焼き鳥器を使って焼き上げます。焼き鳥器には金属製と耐火レンガ・抗火石製のものがあり、金属製は燃料にガスを、耐火レンガ・抗火石製は炭火を用います。また、ガス式では、焼き鳥だけでなくうなぎの蒲焼きなどにも使える下火式のガスグリラーもあります。
価格は、ガス式焼き鳥器が1〜5万円。炭火式の抗火石製焼き鳥器が1〜3万円。耐火レンガ製は価格ゾーンが1段高くなり、6〜9万円です。下火式ガスグリラーはさらに高価で、4〜15万円です。どのタイプのものも、レンタルがあります。
ガス式は点火するだけで使えますが、炭火式では炭火おこし、火消し器、うちわ、火ばさみ、ジュウノウ、灰かきなど、いろいろな小道具が必要になります。これらは焼き鳥器の販売店でまとめて購入できます。
お店を目立たせ、集客アップするツールとして、のぼりやのれん、提灯も効果的です。これらも、焼き鳥器の販売店でまとめて購入できます。
材料保存の冷蔵庫も必須です。車内で串刺しなどの下ごしらえをする場合には、広めの調理台も必須です。さらに、ビジネス街などに出店し、帰宅途中のサラリーマンなどをターゲットに酒類を併売する場合には、より多くの装備が必要になります。
→焼き鳥器通販店「藤田道具」
→焼き鳥器レンタル店「上州物産」

キッチンカーでおすすめのレシピ

焼き鳥は種類豊富。ネギマ、砂肝、ナンコツ、いかだ、つくね、とりもつ……町の焼き鳥店で標準となっているメニューは、すべて取りそろえましょう。あとは、タレと塩で勝負。タレの配合や使う塩の種類は、お店のアピール材料でもあります。

キッチンカーでおすすめのクルマ

下ごしらえを車外ですませ、車内作業を必要最小限にしぼりこめば、軽ワゴンや軽トラックを改造した小型キッチンカーで充分対応できます。車内での作業量が多い場合には、ワーゲンバスなどの中型タイプががおすすめです。酒類を併売する場合も、中型タイプ以上のサイズの車種がが必要となります。
炭火を燃料とする場合は、排気のための車輌改造が必要になる場合があります。また、大型のガスボンベを使用する場合は、「高圧ガス」の表示が必要です。

キッチンカー焼き鳥店の先輩訪問:高級地鶏を使った品質でアピールの「とっと庵127号車」

東京福生市・昭島市を中心に、東京〜埼玉圏内で移動販売を展開する「とっと庵127号車」さん。徳島産の高級地鶏・阿波尾鶏が素材の1ランク上の味が大人気です。→HP

キッチンカー(移動販売)注目のメニューから選ぶ!

キッチンカー・移動販売車の製作
キッチンカー・移動販売車の購入
キッチンカー・移動販売車を使った企業PR
キッチンカー・移動販売車のレンタル
キッチンカー・移動販売車の営業場所
キッチンカー・移動販売車の売却
キッチンカー・移動販売の開業支援
キッチンカー・移動販売車のお役立ち情報
キッチンカー・移動販売車の求人
キッチンカーで焼き鳥を始める

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

法人用・移動販売車の製作の詳細!


御社のご担当者様と二人三脚で、より良い移動販売車の完成を目指します。
目立つ、話題になる、使い勝手が良いと評判の移動販売車も、製作が費用が高かすぎたり、その後の展開の運営や商品企画に不安が残ると、話はなかなか進みません。
弊社は、総合的なプロデュースが可能ですので、ぜひ、ご相談いただければと思います。

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

30名様限定開催!