移動販売(キッチンカー)でうどんの販売を始める方法と準備

移動販売(キッチンカー)でうどんの販売を始める方法と準備の画像

うどんの人気をキッチンカー(移動販売車)で。

お蕎麦と対をなし、日本人の食文化を代表する麺類のひとつであるうどん。

麺類を3つ挙げてくださいと言ったら、90パーセント以上の人が挙げるであろうこの食材は、日本人では知らない人がいないほど。

つるっとした舌ざわりと弾力のある歯ごたえが特徴で、讃岐うどんや稲庭うどん、武蔵野うどんや博多うどんなど種類も多く、日本各地で食べられています。

その文化は蕎麦よりも古く、奈良時代には食べられていた説や、平安時代などに唐から入ってきたなど様々な説があり、昔から食べられてきたことがわかります。

スーパーやコンビニ、食堂やうどん屋など、街を歩けばどこかで見かけるほど、うどんは日本人にとって欠かせません。

種類も多くバリエーションが豊富だから、うどんは移動販売をはじめるのに向いている食材 です。

今回はそんなうどんの移動販売を始めるためにどうしたらいいのか、なにを準備をしたらいいのかなど、具体的な方法をご紹介します。

移動販売のうどん屋に必要な準備や許可について

うどんの移動販売をはじめるには、いくつかの許可や資格が必要です。

1.保健所への条件の確認(車の手配前)
2.うどん販売車の設備、手配(2~3か月以上)
3.8ナンバーでの車検(1か月以上)
4.「食品衛生責任者」の取得(1か月前後)
5.保健所でのうどん販売車の検査、食品営業自動車の取得許可
6.うどんの仕込み場所の検査、許可

気をつけてほしいことがいくつかあるので、ひとつずつ見ていきましょう。

1.保健所への条件の確認(車の手配前)

食べ物を販売する車は、ご家庭でつかっているような車をそのままつかうこはできません。

食べ物を販売する用に車を整備し、保健所に検査をしてもらう必要があります。
またその検査にも、保健所の基準を満たしていなければなりません。

条件は、給水できる設備を整える、その給水のタンクは何リットル以上か等、条件があります。

そのため、保健所への条件の確認は一番はじめ に行いましょう。

いくつかの地域で販売するときは、それぞれの地域を管轄する保健所に許可を得る必要があります。

また、保健所によってその条件が違います。

販売の地域を数か所考えている場合は、それぞれの地域の保健所で条件を確認しましょう。

・仕込みの場所はどこでおこなうか
仕込み場所はどちらの予定でしょうか?

車内での仕込みは、保健所からの許可がほとんどおりませんので、仕込み場所を確保する必要があります。

また、仕込み場所にも条件があります。

新しく仕込み場所を準備される方は、保健所に車の条件を聞く際に、一緒に仕込み場所の条件も聞かれるといいですよ。

2.うどん販売車の設備、手配(2~3か月以上)

車の設備の条件を聞いたら、その条件をクリアする設備を手配しましょう。

車を手配するとこからはじめるひとは、新車で買うのか、中古車で手に入れるか、譲ってもらうかなどで調達すると思いますが、車を調達してから設備を整えるのは、数か月という時間がかかりま

前にうどんの移動販売をしていた中古車などが出回っていればよいのですが、自分の希望に合致しているものはほぼ出回りません。

中古で探すのでしたら、さらに早く動くといいですよ。

うどんの移動販売をするための車の設備については、おすすめの車種の項目で説明させていただきますね。

3.8ナンバーでの車検(1か月以上)

設備を整えてもらったら、次は車検です。
車の設備を変えることは、改造扱いになり、車検を受けなければなりません。
また、車検がいくら残っていようと、改造後は新しく車検を受けなおす必要があります ので気をつけくださいね。

車検は混んでいる時期や、安いところでは時間がかかるところもあります。

車の整備を依頼した後に予約をするなど、車がかえってきたらすぐに車検に出せるようにしておくのがいいですよ。

4.「食品衛生責任者」の取得(1か月前後)

食品を扱うには必要な「食品衛生責任者」。

こちらの資格は、6時間ほど食品に関する講義を聞き、その後の試験を合格することで資格を得ることができます。

受講には予約が必要で、人気のためにひと月先まで予約があることも。
月に数回しか開講されない地域もありますので、予約は早めに おこなうのがオススメです。

車の手配をしている間は時間がありますので、その間にこちらの資格を取得してしておくといいですよ。

5.保健所での車の検査、食品営業自動車の取得許可

車の車検が終わったら、次は保健所に食品営業自動車の許可を得るために検査をしてもらいます。

保健所での検査には予約が必要。
また、いくつかの箇所で販売を考えている人は、それぞれの場所での許可が必要 です。

この検査には合格するためのいくつかの条件がありますが、事前に条件を確認している方は、まず落ちることはないでしょう。安心して受けてくださいね。

6.うどんの仕込み場所の検査、許可

保健所へ車の許可をもらったら、次は仕込み場所の検査です。

こちらも事前に条件の確認をされているなら、検査に落ちることはほとんどないでしょう。安心してくださいね。

ここまで少し時間がかかりますが、すべてクリアしたあなたはうどんの移動販売を開始することができます。

やることも多いですが、ここまでくればあとは販売するだけです!

うどんの移動販売におすすめのメニュー!

うどんといったら、温かいめんつゆに浸ったうどんや煮込みうどん、きつねうどんや月見うどんなど種類はさまざまです。

寒くてからだが冷え切った時には温かいうどんが食べたいですよね。夏の暑い季節にはキンキンに冷えたうどんなど、季節によっても売れる傾向も変わります。

どのような場所で、どのように売るか。

地域によってもめんつゆやうどんの好みも変わります。
香川ではコシがある讃岐うどんが好まれますし、めんつゆはだしの効いた色の薄いものです。関東では醤油を使った色の濃いめんつゆが一般的ですし、うどんはコシがそこまでありません。

うどんの種類やトッピングはたくさんありますので、まずはどの地域でうるのか、どのようなうどんにしたいのか、想像してみてください。

あなたが想像したうどん、作りたいうどんはどのようなものでしょうか?うどんの太さや厚みは?食感はどのようなものでしょうか。めんつゆやトッピングはどうでしょう?具体的にすると、必要なものが見えてきます。もし今考えていなくても、どのようなうどんがいいのか、少し考えてみてくださいね。

うどんには以下のような要素があります。
よかったらこちらも参考にしてみてください。

うどんでは小麦粉一種である中力粉を使用しますが、タピオカ粉を入れるとモチモチとした食感が強くなります。最近では冷凍食品などでもタピオカ粉が使われているうどんが増えてきました。

メーカーにより独自のブレンドをした、うどん粉も販売しています。
安定した味をつくるためにはメーカーのものを使われるのもいいかもしれませんし、自分でブレンドしてもいいですね。それだけで特徴になります。

太さ、厚み

うどんの厚みや太さによって、うどんの名前がかわります。
薄くて太いめんのきしめんや、栃木県の郷土料理の耳うどんは耳の形をしたうどん、
通常のうどんよりかなりの太さがある一本うどん、きしめんより広くまるで湯葉のようなひもかわうどんなど、種類は様々。

めんつゆ

だし、醤油などにより味や色も変わります。
関東では醤油の色が強い濃口醤油を使っためんつゆ、関西では薄口醤油の色の薄いめんつゆが一般的です。

だしも、昆布やにぼし、カツオ、シイタケなどがあり、組み合わせてもいいですね。麺の厚みや太さによって、どのようなめんつゆで食べるのかも変わります。

トッピング

かまぼこやわかめ、甘辛く煮たお揚げや揚げ玉。天ぷらやお肉、山菜など、なんでも乗せることができます。薬味も、ネギやみょうが、ショウガなどをがありますね。このようなスタンダードな物もいいですし、独自のトッピングなどを考えてもいいですね。

うどんは形や太さ、厚みなどを変えられることができますし、めんつゆやトッピングも好きにできます。かなり自由度の高い食材です。トッピングは別料金にして、好きにトッピングをしてもらうこともできますし、売り方も自由です。

うどん屋ならこれだ!移動販売にオススメの車種と設備

うどんは自由にできますが、車の設備はうどんの売り方に合わせる 必要があります。まずはどのようなうどんにするか、どのように売るかを決めておくといいです。

トッピングを選べるようにするなら、トッピングが見えるショーケースなどを設置してもいいですね。作っている所が見えると、安心感や待たされている感じも少なくなりますので、窓は広くするのもおすすめです。

車の大きさについては、こちら(キャリィのURLリンク)のスズキのキャリィのような軽トラックがいいです。麺をゆでるためのお鍋や、ある程度の水と場所が必要ですし、めんつゆのお鍋と場所も必要で、ゆでたうどんを洗う場所、トッピングが必要ならそれを作る台などが必要です。

夏など暑い時期に冷たいうどんをつくる場合は、うどんを冷やすための氷をつくる製氷機なども必要でしょう。

先輩キッチンカーの紹介!(うどん編)

神奈川県相模原市付近で販売中の、せき麺さんをご紹介!車への塗装ではなく、大きな文字の看板やポップなどで釜揚げうどんをわかりやすいアピールされています。

うどんは、透きとおっているめんつゆと、ネギ、かつおぶし、あげだまがトッピングされており、1杯200円とかなりお手頃価格です。この値段なら、ちょっと食べてみたいなと思いますよね。

 

キッチンカー(移動販売)注目のメニューから選ぶ!

キッチンカー・移動販売車の製作
キッチンカー・移動販売車の購入
キッチンカー・移動販売車を使った企業PR
キッチンカー・移動販売車のレンタル
キッチンカー・移動販売車の営業場所
キッチンカー・移動販売車の売却
キッチンカー・移動販売の開業支援
キッチンカー・移動販売車のお役立ち情報
キッチンカー・移動販売車の求人
移動販売(キッチンカー)でうどんの販売を始める方法と準備の画像

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

法人用・移動販売車の製作の詳細!


御社のご担当者様と二人三脚で、より良い移動販売車の完成を目指します。
目立つ、話題になる、使い勝手が良いと評判の移動販売車も、製作が費用が高かすぎたり、その後の展開の運営や商品企画に不安が残ると、話はなかなか進みません。
弊社は、総合的なプロデュースが可能ですので、ぜひ、ご相談いただければと思います。

移動販売の試食見学会開催決定!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

法人様 無料ご招待!
個人様 先着10名無料ご招待!