キッチンカーの「調理設備」のアドバイス!

これからキッチンカーをレンタルして移動販売をやってみようと志す皆さまのために、
見落としがちな点や余計な出費を未然に防ぐための知識をワンポイントでアドバイスするコーナーです。

初回は調理設備についてです。

調理済みのクッキーやパンなどを袋詰めにして販売するだけなら、調理設備は必要ありません。現場で加熱調理や小分け・盛り付けを行う場合には調理設備が必要になってきます。お客様に焼きたて・揚げたてを食べて頂くためには、商材に合った設備が必須です。

 

まず、加熱調理の熱源として考えられるものとして、
・プロパンガス
・カセットコンロ
・家電調理器具
があります。

皆さまが何の商材を提供するかによっても設備が変わってきますが、ここでは各熱源
メリットデメリットを中心にアドバイス致します。

 

(1)プロパンガス

※写真はイメージになります。

※写真はイメージになります。

メリット:火力が強く安定している。プロパンガス対応の業務用厨房機器も豊富。
デメリット:ガス充填は専門業者でやってもらう必要がある。容量の大きなガスボンベを搭載する場合には「高圧ガス保安法」に従う必要がある。

 

(2)カセットコンロ

kasettokonro_01

メリット:コンパクト。コンビニ等どこでも入手が可能。
デメリット:火力が安定しない。(特に冬場は火力が弱い)フル火力で使うと30~40分程度で1本使い切ってしまう。

 

(3)家電調理器具(具体的にはオーブントースター・ホットプレート・電気フライヤー等)

hotpure-to_p01

メリット:コンパクト。火力は安定している。
デメリット:別電源AC100Vが必要。連続使用時調理が追い付かない。

例えばクレープ屋さんがエスプレッソマシンとホットプレートを同時使用すれば、3000W程度の電力を使います。出店場所でコンセントを借りてブレーカーを落としたという話は良く耳にします。

また、電気フライヤーで連続して揚げ物を行った場合、油温が上がらないという話も良く聞く話です。
AC100V電源を供給するためにエンジン発電機が必要となってきますが、20A以上確保可能なエンジン発電機の場合重量が30kg近くにもなり積み下ろしが大変です発電用のガソリンや消火器も必要になってきます。
(数年前に起こった福知山の露店爆発事故を受けて、出店中は給油禁止の措置を講じる消防もあります)

また、インバーター方式でないエンジン発電機を使用した場合、動作しない調理家電もありますので注意が必要です。

これらを踏まえて、キッチンカーの中ですので如何に手間をかけずに素早く提供出来るか?
仕込みの段階から検討して商材に合った設備を揃えることが重要です。

キッチンカー(移動販売)注目のメニューから選ぶ!

キッチンカー・移動販売車の製作
キッチンカー・移動販売車の購入
キッチンカー・移動販売車を使った企業PR
キッチンカー・移動販売車のレンタル
キッチンカー・移動販売車の営業場所
キッチンカー・移動販売車の売却
キッチンカー・移動販売の開業支援
キッチンカー・移動販売車のお役立ち情報
キッチンカー・移動販売車の求人
LPガス

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

法人用・移動販売車の製作の詳細!


御社のご担当者様と二人三脚で、より良い移動販売車の完成を目指します。
目立つ、話題になる、使い勝手が良いと評判の移動販売車も、製作が費用が高かすぎたり、その後の展開の運営や商品企画に不安が残ると、話はなかなか進みません。
弊社は、総合的なプロデュースが可能ですので、ぜひ、ご相談いただければと思います。

移動販売の試食見学会開催決定!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

先着10名様モニター無料ご招待!