キッチンカー(移動販売)の営業許可に必要な仕込み場所の準備について

キッチンカー(移動販売)の営業許可に必要な仕込み場所の準備について

キッチンカー(移動販売)の営業許可に必要な仕込み場所の準備について

キッチンカーで営業を始めようとする時、移動販売車にばかり意識やお金が行きがちですが、仕込み場所の準備を忘れてはいけません。

多くの食品メニューは、キッチンカーの中だけの調理ではなく事前に仕込みが必要な場合が多いです。
今回は、キッチンカーでの営業をするにあたって必要になることの多い仕込み場所について説明していきたいと思います。

1.仕込み場所の種類と準備方法

仕込み場所の種類と準備方法

仕込み場所の種類と準備方法

仕込み場所というのは食品を調理するにあたって一次処理をする場所という意味です。
店舗のある飲食店であれば、店内のキッチンで仕込みを行うことができますが、キッチンカーの場合は違います。

キッチンカーで調理営業をする場合、車内では簡単な加熱や調理、盛り付けのみが許可されており、一次処理となる仕込みは別の場所で行う必要があります。

キッチンカーでの営業許可の申請時には、提供するメニューによっては、この仕込み場所についても保健所の許可が必要となります。

食品衛生上、保健所から営業許可を取得した仕込み場所で下準備を行わなければなりません。

では仕込み場所にはどのような種類や準備の方法があるのか説明していきましょう。
ちなみに、基本的に一般的な自宅のキッチンを仕込み場所とするのはNGです。

また、仕込み場所の見解については各地域の保健所によって様々なので、しっかり確認をしておきましょう。

1-1.安く部屋を借りて、仕込み場所に改造する

自宅とは別に部屋を借りて仕込み場所として設備を整える方法です。
移動販売ということで、固定店舗費用がかからないと思っている人も多いと思いますが、提供するメニューによっては仕込み場所として別途部屋を借りる必要が出ることもあります。

実際、部屋を借りて仕込み場所として整備するなら、実店舗を構えた方が良いと考える人もいます。実店舗なら飲食店として営業することで収益も生み出せるからです。

このように、移動販売車の製作費用だけでなく、仕込み場所の費用がかかる場合があるので、事前に提供メニューや販売方法をしっかりと決めておいて、予算を考えることが必要です。

1-2.小さい飲食店の居抜き物件を借りる

居抜き物件とは、前のテナントが使用していた設備や什器が残っている物件のことです。
前のテナントとの交渉次第では設備をそのまま引き継ぐこともできますので、そのまま使用して仕込み場所として活用する方法もあります。
設備が整っていればそのまま店舗として営業できるケースもあるので、仕込み場所からも利益を生み出せるようにすることも可能です。

1-3.知り合いの飲食店を使わせてもらう

もし知り合いで飲食店を経営している人がいれば仕込み場所として使用させてもらうのもひとつの方法です。
ただし、注意したいのが営業許可の種類です。
例えば知り合いの店舗の営業許可が喫茶店営業だとして、自分のキッチンカーの商材は飲食店営業に該当する場合は、保健所の申請がおりないこともあります。

1-4.プレハブ、コンテナハウスなど利用する

例えば自宅の庭のスペースに余裕がある場合はプレハブやコンテナハウスなどを設置して仕込み場所としての設備を整える方法もあります。

1-5.移動販売のフランチャイズに加盟する

移動販売のフランチャイズに加盟するという方法もあります。
本部で決められたメニューしか取り扱いができなくなりますが、仕込み不要の商材で営業ができたり、中には本部指定の営業所を仕込み場所として運営しているところもあります。
独自のメニューが作れなかったり、本部のルールに従わなければならないので、自由に営業ができないというデメリットもありますが、商材の安定供給や仕込み場所の確保などメリットもあります。

1-6.仲間同士で共同の仕込み場所を使用する

キッチンカー仲間がいれば、共同で仕込み場所を使用することで家賃代などの固定費を折半するということもできます。お互いにコストとしては非常に助かります。
ただ、何かトラブルがあった際の責任の所在や対応についてはしっかりと話し合っておく必要があります。
大きな信頼関係があるもの同士の方が良いかもしれません。

2.仕込みが必要ない方法

仕込みが必要ない方法

仕込みが必要ない方法

仕込み場所を確保すると、別途固定費用がかかってしまう場合もあります。
そうならないように、仕込み場所を使用しないような工夫もできます。

2-1.仕込みが必要ないように材料を仕入れる

例えば、キャベツの千切りが必要なメニューであれば、カットキャベツを仕入れて使用したりして、本来は仕込み場所で行わなければならない「切る」という工程を省略する方法もあります。

2-2.仕込みが不要な提供メニューを扱う

既製品を仕入れて提供することで、仕込みを省略する方法です。
例えば、焼き鳥を販売したい場合は冷凍で仕入れてキッチンカーで焼くだけにするなど、仕込み場所を使わずに営業できるような工夫も方法のひとつです。

また、カレーなどのメニューであれば、カレーは温めるだけ、ご飯を炊かれた白米を宅配してもらい、それを使う形でキッチンカーを行うというものです。

3.まとめ

仕込み場所についてのまとめ

仕込み場所についてのまとめ

固定店舗としての開業費用を抑える目的で、移動販売という手段を選択する人もいるかと思いますが、仕込み場所の準備や手配に固定費用はかかってしまいます。

このような理由で当初予定していた提供メニューを変更する人もいます。キッチンカーでの営業には仕込み場所の確保がネックに感じている方が多いです。

ただし、地域によっては一定の基準を満たしていれば移動販売車の中で仕込みを行っても良いという地域もあります。

キッチンカー製作の前の最初の事業計画を立てる際に、仕込み場所が必要な提供メニューを販売するのかどうかを決めて、各地域の保健所で事前に確認しておくことが大切ですね。

また、固定店舗を持った時と、仕込み場所を持った時のコストには大きな差があると考えてください。確かに、固定費はかかってきてしまいますが、最小限の設備を備えた仕込み場所があることで、逆に便利な作業場所ができると考えることができれば、その分、売上を作ることができます。

ですので、最低限の設備を備えた仕込み場所と、例えば、そこに駐車場を安く借りられないかなど検討をしてみてください。破格の仕込み場所を手に入れている人が、安定した売上を作っているのも事実です。

キッチンカー(移動販売)注目のメニューから選ぶ!

キッチンカー・移動販売車の製作
キッチンカー・移動販売車の購入
キッチンカー・移動販売車を使った企業PR
キッチンカー・移動販売車のレンタル
キッチンカー・移動販売車の営業場所
キッチンカー・移動販売車の売却
キッチンカー・移動販売の開業支援
キッチンカー・移動販売車のお役立ち情報
キッチンカー・移動販売車の求人
キッチンカー(移動販売)の営業許可に必要な仕込み場所の準備について

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

移動販売の試食見学会!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

20名様限定開催!


キッチンカー(移動販売)の開業コンサルティング


ご担当者様と二人三脚で、より良い移動販売車の完成を目指します。

開業コンサルティングにご参加いただける方

●キッチンカーの開業を検討している方
●飲食店を営んでいて、キッチンカーをサテライト店舗として検討している方
●法人様で新規事業としてキッチンカー(移動販売)事業を検討しているご担当者様
●法人様で自社サービスや商品のPRにキッチンカー(移動販売車)を検討しているご担当者様
●法人様でフランチャイズにキッチンカーを検討されているご担当者様