移動販売で一緒に販売したいドリンクとその注意点

移動販売で一緒に販売したいドリンクとその注意点の画像

移動販売でメインの食べ物と一緒に販売したいものといえば、サイドメニューとドリンクですね。

ドリンクはメインのものとセットで販売をすれば、単価もあがります
移動販売では、メインの食べ物の種類を増やすことは少し難しいですが、ドリンクなら 手間もあまりかからず種類を増やすことができます

お客さんにとっても、ドリンクと一緒に購入ができたら手間も減りますし、セット購入で割引になるならさらに嬉しいですよね。

今回は移動販売をする上でとても重要なドリンクと、扱う上での注意点などを説明していきます。

冒頭に原価率の解説もしますので、もしメインだけの販売を考えている方も、確認してみてくださいね。

知っておきたいドリンクの原価率

原価率って?

原価率という言葉をご存知でしょうか?
この原価率とは、販売する商品の金額に対する仕入れ値の割合です。
原価率は、低ければ低いほど利益が出るため、一般的には原価率は低い方がいいとされています。

例をひとつあげますね。

あなたはハンバーガーを販売しています。
ハンバーガーの1個の値段は、250円。
そのうち、バンズ、パティ、ケチャップ、玉ねぎなど、使われている材料は、

バンズ 30円
パティ 70円
ケチャップ 10円
玉ねぎ 10円

合計 120円

こちらのハンバーガーの仕入れ値は120円です。
原価率の計算方法は、 仕入れ値 ÷ 売上高 なので、

仕入れ値 120円 ÷ ハンバーガー1個 250円 = 0.48

0.48は、48パーセント。

48パーセントがこのハンバーガーの原価率を指しています。

また、 250円ー120円=130円
ハンバーガーを1つ売ると、130円の利益が生まれます。

1時間に20個売れたとすると、2600円の利益になります。

ここから、電気代や人件費、場所代などがさらに引かれてしまいますので、
メインの物の原価率が高いと、売っても売っても利益があまりでないといった状況になってしまいます。

こちらのハンバーガー1つ250円という数字は、例えの数字のため、
実際にはもっと高く値段設定をして、利益の額を調整することができます。

お客さんには喜んでほしいから、なるべくなら品質の良いものを使いたいし、喜んでほしい…と思いますよね。

しかし、原価率が高く利益が少ないと、たくさん売れても手取りが少なくなってしまいます。さらに売れなかったことを考えるとリスクもあります。

そうなると移動販売を続けるのも難しくなってしまう危険もあります。

だからこそ、一緒に売りたいのがドリンクなんです。

ドリンクの原価は?

ドリンクの原価はとても低く、1杯20円から40円と言われています。

ソフトドリンクが実際に販売されている価格は、大体250円前後です。

そこから、氷、ドリンク、カップ、ストローの値段は、

ドリンク(200ml) 16円 (業務用スーパーのジュース1リットル80円)
氷(5個くらい) 5円 (氷1キロ100円)
カップ 10円 (カップ1000個で7200円 フタ1000子で)
ストロー 1円

およそ40円
(こちらは業務用スーパーや、業務用のカップなどの価格を参考にしました)
250円のドリンクを販売したら、210円がそのまま利益になります

ハンバーガーを売っても、130円だったものが、ドリンクと一緒に売れば、1人340円の利益になります。

メインの物を売ることも大切ですが、1時間にどれくらい売ることができるのか、作ることができるのかを考えると、他にも一緒に売れるものがある方が安心できますよね。

ドリンクは種類も増やすことができる上に、単価も安く、手間もかからないものが多いです。

またドリンクにはいくつかの種類もありますので、ぜひ販売したいものとの組み合わせを考えてみてくださいね。

このフードにはこれだ!ドリンク販売オススメのセット

ドリンクを販売するには、まずはメインの物がどれくらい手間のかかるものかを考えてみてくださいね。

メインの物を作るのに時間がかかり、ドリンクも時間がかかるとなると、回転率などに影響が出てしまいます。
お客さんを待たせないためにも、なるべく時間や手間はかからないものがいい ですね。

ハンバーガーやホットドッグなどでは、手間がかからないものだと、コーラジュース系は鉄板ですね。ジンジャーエールのような甘い飲み物があると嬉しいですね。

メインの物が作り置きができて時間がかからないなら、ドリンクには手間がかかっても大丈夫でしょう。

既に揚げてあるドーナッツやおにぎり、パン屋さんなどは、スープ系ココアなど、少し時間がかかるものでもいいですね。

コーヒー紅茶などは淹れたてもいいですし、豆や茶葉にこだわる人もいます。
ブレンド豆やブレンド茶葉など、店主のオリジナルをだしてもいいですね。

クレープやワッフル、かき氷などの甘いものは、10代から20代の女性のお客さんが多いです。そのため、タピオカが入ったドリンクや、くだものの入ったスムージーなどが好まれます。
タピオカは事前に用意をしておけば、ドリンクに混ぜるだけでタピオカドリンクが作ることができます。

スムージーでは、くだものは原価が高いですが、その分値段も高くすることができます。

くだものだけでなく、氷やヨーグルトなどをいれてもいいですね。夏にひんやりとした飲み物はかかせません。

ドリンクでは、ウーロン茶やオレンジジュースなどのジュース系、コーラなどの炭酸系など、ペットボトルや紙パックに入っているものは注ぐだけであまり時間がかかりません。

スープやお湯で溶かすものは、少し気をつけなければならないため、時間がかかります。

また、カップなどで提供できない場合は、ペットボトルの飲み物を売ってもいいですね。しかし、コンビニやスーパーで購入できるものは、あまり値段を高くすることはできません。

その場合、あまり売られていないようなミネラルウォーターならいいかもしれません。
お水にこだわる方もいますし、比較するものがあまりありません。そこでしか売っていなければ、すぐには買えないという希少価値もあります。

そのため、値段も自由につけられるのではないかと思われます。
こちらは輸入雑貨屋や輸入専門の食品店などで売っていますし、一本で500円以上もするミネラルウォーターもあります。よろしければ立ち寄った際に見てくださいね。

また、ミネラルウォーター以外にも海外のジュースなどもいいですね。
珍しいものは記憶に残りますので、そこだけにしかないようなものがあってもいいでしょう。

ドリンク販売のための必要な機材

冷たいドリンクには、冷やすための冷蔵庫や、氷をつくるための製氷機が必要です。

しかし製氷機は大きいものが多いため、小さい移動販売車には乗らない可能性もあります。
その場合は氷を購入したり、作っておくなどして事前に用意をしておきます。そのあとで移動販売車の冷凍庫に入れておくと良いでしょう。

冷蔵庫も、限度があります。
大きさによってどれくらい入るかが限られてきますので、ドリンクメニューは車のサイズと相談して決める といいですよ。

温かいドリンクでは、お湯を使うものは湯沸かしポットが必要です。
コーヒーなどは、ドリップをしたり、入れておくと味が変わってしまいます。

こちらは定期的に入れなおす手間も必要ですし、場所やポットなども必要です。もしコーヒーにはこだわらないのでしたら、扱わないという選択肢も必要かもしれませんね。

ドリンク提供の注意点

ドリンクには、いくつかの注意点があります。思わぬクレームやお客さんの不満にもつながりますので、気をつけてくださいね。

ドリンクは冷やしておく

常温のドリンクを氷に注ぐと、氷が溶けて味が薄くなります。味に敏感な方はこれだけでクレームになる恐れもあります。ドリンクはきちんと冷やしてから氷の入ったコップに注いでくださいね。

氷は大きいものをつかう

氷が小さいとドリンクが冷えやすくなりますが、早くに氷が溶けてしまいます。
こちらは薄まりやすくなる原因になります。
製氷機を使ったり、自分で氷を作る場合は、なるべく氷は大きめに作る といいですよ。

ドリンクが冷える時間の目安

500mlのペットボトルが冷えるまで、4~5時間 かかるとされています。
もし常温のものを冷やす場合は、ピークの時間に冷えているように、こちらも気にしてみてくださいね。

キッチンカー(移動販売)注目のメニューから選ぶ!

キッチンカー・移動販売車の製作
キッチンカー・移動販売車の購入
キッチンカー・移動販売車を使った企業PR
キッチンカー・移動販売車のレンタル
キッチンカー・移動販売車の営業場所
キッチンカー・移動販売車の売却
キッチンカー・移動販売の開業支援
キッチンカー・移動販売車のお役立ち情報
キッチンカー・移動販売車の求人
移動販売で一緒に販売したいドリンクとその注意点の画像

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

法人用・移動販売車の製作の詳細!


御社のご担当者様と二人三脚で、より良い移動販売車の完成を目指します。
目立つ、話題になる、使い勝手が良いと評判の移動販売車も、製作が費用が高かすぎたり、その後の展開の運営や商品企画に不安が残ると、話はなかなか進みません。
弊社は、総合的なプロデュースが可能ですので、ぜひ、ご相談いただければと思います。

移動販売の試食見学会開催決定!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

法人様 無料ご招待!
個人様 先着10名無料ご招待!