カレー屋さんを移動販売で開業する前に知っておきたいこと

移動販売でも、新たな花形ジャンルに成長しつつあるカレー

カレー移動販売

カレーの移動販売をキッチンカーで開業するときに知っておきたい情報をまとめました。移動販売のカレー屋は東京や大阪でも人気がありますが、岡山や新潟でも人気があるようです。また、他の商品に比べてカレー革命、シャンティカレー、豊平峡カレー、コスギカレー、など、フランチャイズや人気商品の種類も多いです。

日本人の約8割が月に1度は食べているカレー。消費量はインドに続いて世界2位という、まさに国民食です。移動販売では実店舗での営業と並行してケータリングという業態が目立ちますが、人気は確実にアップ。

カレーの移動販売で必要な装備

カレーそのものはあらかじめ屋内で作っておきますが、ご飯は車上で炊くという方式が一般的。カレーをストックする深鍋に加え、大型の炊飯器、カレーにのせるカツなどを焼くフライヤー、ガス台、冷凍・冷蔵庫などが必須です。サブメニューとしてハンバーグを扱う場合などは、デミグラスソース用の保温庫も必要になります。
カレーは弱火でとろみをつけていくので、ガスコンロは必ずしも強力なものは必要ありません。キャンピングカーに使われる程度のもので充分。ただし、複数の調理を同時にすることが多いので、1口ではなく2口タイプが必須です。
容器は、ふつう、使い捨ての発砲スチロール製カレー皿、丼、カップなどを使います。価格はさまざまですが、カレー皿で1枚12〜30円といったゾーンです。

移動販売のカレー屋さんでおすすめのレシピ

ある移動店舗のメニューは、カレー:チキンカレー(甘口・辛口)・牛タンカレー(甘口)・野菜カレー(中辛)、サイドメニュー:各種ジュース・生ビール・フランクフルト・ポップコーン。ファミリー客が主の場合は、甘口のカレーメニューを加えるとともに、サイドメニューの充実が必要になります。
カレー自体も、最近は大きく多様化しています。トマトベースのエビカレーや仔羊肉を使った辛口のマトンカレーなど、いろいろなものがあります。タイ風のグリーンカレーを目玉メニューにしているお店もあります。
また、カレーをご飯ではなく、ナンと一緒に提供するのもアイデアです。

カレーでおすすめのキッチンカー

調理器具が多く、熱々のものを扱う上で無理のない動線を確保するためには、ある程度のスペースのゆとりが必要です。ワーゲンバスなどの中型タイプがよいでしょう。

キッチンカー・カレー店の先輩訪問:インドの家庭的カレーが人気の「プラススパイス」

プラスパイスのホームページのスクリーンショット

脱サラ〜フリーター生活を経て独力で開業した「ナン&カレー プラススパイス」さん。そのスタートは、オフィス街・学校のランチ・学園祭・工事現場などに出張する1台のキッチンカーから。現在は、実店舗2店での営業も展開されています。→HP

キッチンカー(移動販売)注目のメニューから選ぶ!

キッチンカー・移動販売車の製作
キッチンカー・移動販売車の購入
キッチンカー・移動販売車を使った企業PR
キッチンカー・移動販売車のレンタル
キッチンカー・移動販売車の営業場所
キッチンカー・移動販売車の売却
キッチンカー・移動販売の開業支援
キッチンカー・移動販売車のお役立ち情報
キッチンカー・移動販売車の求人
カレー移動販売

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

法人用・移動販売車の製作の詳細!


御社のご担当者様と二人三脚で、より良い移動販売車の完成を目指します。
目立つ、話題になる、使い勝手が良いと評判の移動販売車も、製作が費用が高かすぎたり、その後の展開の運営や商品企画に不安が残ると、話はなかなか進みません。
弊社は、総合的なプロデュースが可能ですので、ぜひ、ご相談いただければと思います。

移動販売の試食見学会開催決定!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

先着10名様モニター無料ご招待!