キッチンカーの「雨対策・風対策」に関するワンポイントアドバイス!

これからキッチンカーをレンタルして移動販売をやってみようと志す皆さまのために
見落としがちな点や余計な出費を未然に防ぐための知識をワンポイントでアドバイスするコーナーです。

今回は雨対策・風対策についてです。

ame

出店当日が常に快晴無風とは限りません。
逆に開店~閉店までずっといい天気が続く方が稀です。
雨の日はお休みというキッチンカーの方もいらっしゃいますが、梅雨の時期なんかは商売になりません。
爆弾低気圧やゲリラ豪雨の場合は出店を諦める方が賢明ですが、通常の雨であれば天気のいい日より売れる現場もあります。

オフィス街のランチ出店は狙い目

office

例えば、オフィス街のランチ出店にしてもコンビニまで歩いて行くより、ビルの下にいるキッチンカーで買っちゃう人も大勢居ます。
また朝から雨だったりすると、とび職や庭師の方もお休みなのでパチンコ屋とかスーパー銭湯、ゲームセンター、ホームセンター、ショッピングモール、ケータイショップ等が賑わったりします。

逆に公園や屋外プールとかは全く人が居ないので、こういった場所では出店を諦めた方が賢明です。

 

天候による以外な注意点

kasenziki

ここで、ちょっと注意点があります。
出店当日は朝から晴天にもかかわらず、公園や運動場に全く人が居ない場合があります。
実は前日までの雨で芝生やグラウンドが浸水状態で使えない場合です。
特に河川敷の公園なんかだと大雨や台風の影響で2~3日使えない状態が続くことがあります。

キッチンカーで営業するということは、いかにお天気とうまく付き合っていくかがポイントです。
キッチンカーの中に雨が降り込んでこないのはもちろんですが、お客様が濡れないようにする配慮も必要です。
大きめのパラソルやサイドオーニングで接客窓口を覆ったり、パラソルやオーニングからお客様側に雨だれが落ちないように傾けたりします。

a0001_001483_m

エンジン発電機や車外に出す荷物等も雨に濡れないような工夫が必要です。
(土足厳禁のキッチンカーの場合、靴を入れる場所を確保しておきましょう)

雨の日は開店準備や撤収時にも普段より時間がかかってしまいます。雨合羽やポンチョ等を準備したほうが良いと思います。

 

雨より厄介な敵は風!

kaze

実は移動販売で雨より厄介なのがです。突風やビル風でメニュー看板、のぼり、パラソル、ゴミ箱が吹き飛ばされる光景は日常茶飯事なのです。強風で跳ね上げ式の扉が壊れる場合もあります。
万が一お客様に当たって怪我させたりしたら目も当てられません。
しっかりとロープ等で固定することがポイントです。

またキッチンカー内を風が抜けていく感じになると、軽い包材や容器類が吹っ飛んでいくこともあります。公園などの砂埃が多い場所だと鉄板やフライパンがジャリジャリになってしまいます。

強風の場合は出店位置を少し変えたり、砂埃が入らないように極力窓を閉めたりする必要もあります。

最近はスマホでリアルタイムの情報も入るので、天候の変化には十分注意しつつ早め早めに対策することが必要です。

キッチンカー(移動販売)注目のメニューから選ぶ!

キッチンカー・移動販売車の製作
キッチンカー・移動販売車の購入
キッチンカー・移動販売車を使った企業PR
キッチンカー・移動販売車のレンタル
キッチンカー・移動販売車の営業場所
キッチンカー・移動販売車の売却
キッチンカー・移動販売の開業支援
キッチンカー・移動販売車のお役立ち情報
キッチンカー・移動販売車の求人
雨の日のキッチンカーレンタル

はじめてのキッチンカーと一緒に、自分らしいキッチンカーライフを送りましょう!

法人用・移動販売車の製作の詳細!


御社のご担当者様と二人三脚で、より良い移動販売車の完成を目指します。
目立つ、話題になる、使い勝手が良いと評判の移動販売車も、製作が費用が高かすぎたり、その後の展開の運営や商品企画に不安が残ると、話はなかなか進みません。
弊社は、総合的なプロデュースが可能ですので、ぜひ、ご相談いただければと思います。

移動販売の試食見学会開催決定!

移動販売車の製作で失敗する前に、どの様な移動販売車を作っているのか見学しませんか!?

実際に収益が上がっている移動販売の商材の実演もございます!

法人様 無料ご招待!
個人様 先着10名無料ご招待!